1. TOP
  2. プラスチック 特徴 / 用途

プラスチック 特徴 / 用途

超高分子量PE 白色

潤滑性、耐摩耗性、耐水性

超高分子量ポリエチレンはフッ素樹脂に次ぐ滑り特性を持ち、耐摩耗性が非常に高いため 耐摩耗性を必要とするコンベヤのガイド等に使われたり、潤滑性を活用しスキーの滑走面やギア、歯車に使用されたりしています。 吸水性が非常に低い為、水を使用する部分に最適の素材になっています。

  • 特徴

    超高分子量ポリエチレンはポリエチレンよりも更に耐衝撃性、耐摩耗性、自己潤滑性に優れます。
    耐衝撃性はプラスチックの中で最高の値でポリカーボネートを上回る非常に高い耐衝撃性をもっています。
    また耐薬品性があり食品衛生安全樹脂として使われ、食品に直接接触しても安全です。

  • 用途

    食品産業機械、スポーツレジャー用品
    食品包装、食品、薬品、化粧品などの容器
    ホッパーライナ、ボトリングライン、製紙機械、メッキライン、食品機械のガイド、ローラ、軸受けなど機能部品

  • 樹脂情報

    超高分子量ポリエチレン(Ultra High Molecular Weight Polyethylene-UHPEまたはUHMWPE)は、
    エンジニアリングプラスチックの一つです。通常2~30万の分子量を100~700万まで高めたポリエチレン熱可塑性樹脂に
    分類される合成樹脂です。

  • 短所

    超高分子量ポリエチレンは収縮が大きく寸法安定性に劣ります。
    また薬品に強い為、接着することが難しいです。

  • 注意事項

  • 加工方法

    切削

コンタクト