1. TOP
  2. プラスチック 特徴 / 用途

プラスチック 特徴 / 用途

アクリル制電

高透明度、耐候性、耐水性、制電

アクリルは、透明度が非常に高く耐候性や耐水性に優れています。また、キズがつきにくくて耐久性があり、破損してもガラスのように飛散しません。 制電グレードは静電気を帯びず、ホコリの付着を減らすことができます。

  • 特徴

    光線透過率はガラスを凌ぐ93%(ガラスは92%)であり、高級感のある質感からプラスチックの女王と呼ばれています。 
    モノマーに重合液を加えて熱を加えたりすると重合が始まり、だんだん水飴のようにねっとりしてきて、
    最後にはカチカチに固まります。これがアクリル樹脂です。
    アクリル樹脂はメタクリル樹脂とも呼ばれます。
    アクリル樹脂は、粒状(ペレット)にしたものを成形材料、板状にしたものをアクリル板と呼びます。

  • 用途

    カバー、ケース、レンズ、計器カバー、医療用関係部品、機械加工部品

  • 樹脂情報

    光線透過率はガラスを凌ぐ93%(ガラスは92%)であり、高級感のある質感からプラスチックの女王と呼ばれています。 
    モノマーに重合液を加えて熱を加えたりすると重合が始まり、だんだん水飴のようにねっとりしてきて、
    最後にはカチカチに固まります。これがアクリル樹脂です。
    アクリル樹脂はメタクリル樹脂とも呼ばれます。
    アクリル樹脂は、粒状(ペレット)にしたものを成形材料、板状にしたものをアクリル板と呼びます。

  • 短所

    非常に燃えやすい為、高温の場所では使用が限定されてしまいます。また他の樹脂よりも割れやすく一部の有機溶剤ではクラックが発生する場合もあります。

  • 注意事項

  • 加工方法

    接着 
    溶接 
    切削 
    曲げ

コンタクト