1. TOP
  2. プラスチック 特徴 / 用途

プラスチック 特徴 / 用途

テフロン(PTFE)

耐薬品性、潤滑性、耐熱性

テフロンは現在では日用品、特にフライパンなどの調理器具の表面のコート塗装などに多く使用されています。 食品、調味料による侵食に強く、また摩擦が小さいことから食品の焦げ付きを防ぐ役割を担っています。 また、高い耐薬品性を持つフッ素樹脂は多くの薬品タンクのパッキンとして使用されています。 そして高い電気絶縁性と低誘電性、耐燃焼性から各種情報通信ケーブルのコーティングにも使用されています。

  • 特徴

    テフロンの大きな特徴は一度炭素と結合すると、滅多なことでは化学的に分離することがなく、
    同時に他の物質と新たに結合することもありません。
    このことから耐薬品に優れ、耐熱温度も非常に高いです。

  • 用途

    理化学器具、バルブ、コック、ベアリング、ガスケット、ダイヤフラム、軸受け、槽(半導体関連)
    自動車用部品、ベアリング、精密電子機器部品、撹拌機、実験用容器

  • 樹脂情報

    代表的なフッ素樹脂の1つにポリテトラフルオロエチレン (polytetrafluoroethylene, PTFE)があります。
    ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)はテトラフルオロエチレンの重合体で、
    フッ素原子と炭素原子のみからなるフッ素樹脂(フッ化炭素樹脂)です。
    テフロンという商品名で広く知られています。

  • 短所

    テフロンは柔らかいため成形性が悪く、また非常に高価なことが欠点としてあげられます。

  • 注意事項

    強度はありますが、若干柔らかく、表面に強い力をくわえるとヘコミやキズになります。

  • 加工方法

    切削

コンタクト