1. TOP
  2. プラスチック 特徴 / 用途

プラスチック 特徴 / 用途

ポリカーボネート 制電

耐衝撃強度、耐熱性、耐候性、制電

ポリカーボネートの一番の特徴はプラスチックの中で最高の耐衝撃性です。 同じ厚みのガラスの約200倍、アクリルの約30倍の耐衝撃性を持っています。 さらに、燃えにくい、熱に強い、低い温度から高い温度まで使える、長い間使える、衛生的であるなど ポリカーボネートはエンジニアリングプラスチックの代表として多くの優れた性質をもっています。 光線透過率は85〜91%とガラスと同等の透明度がある採光材で、耐熱温度が120℃で熱にも強くて耐候性もあるため、建材から産業機械カバーなどの幅広い用途で使用されています。

  • 特徴

    制電グレードは静電気を帯びないため、ホコリの付着を減らすことができます。 そのためクリーンルームや、精密な機械のカバーなどに使用されます。

  • 用途

    カバー、テラス、カーポート、エントランス、アーケード等の屋根材、産業資材、機械部品、拡散防止カバー

  • 樹脂情報

    ポリカーボネート(polycarbonate)は、エンジニアリングプラスチックの一つです。
    化合物名字訳基準に則った呼称はポリカルボナート、一般的にはポリカ、PCと省略されることもあります。
    高い透明度を持ちアクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれています。ポリカーボネートは透明で硬く,最も耐衝撃性にすぐれた樹脂であるために
    精度の高い、透明度の高いような製品を作りたいときなどに使用されることが多いです。
    また電気特性や耐熱性もよく,成形品の寸法安定性がよいため,コネクターや電子機器部品にも適しています。

  • 短所

    ポリカーボネートは耐薬品性が悪く、有機溶剤やアルカリ性に弱いという短所が有ります。
    ポリカーボネートでできた製品にアルカリ性の薬品がついてしまうとひびが入ってしまったり、変形してしまったりします。

  • 注意事項

    ポリカーボネートは透明樹脂の中でも表面が傷つきやすくなっています。

  • 加工方法

    接着 
    溶接 
    切削 
    曲げ

コンタクト