アクリル(PMMA)板/丸棒 用途

pmma_clear.jpg帯.PNG

とってもカンタン! 必要なサイズを入力するだけ!

見積り依頼する.PNG

元板規格表.PNG 丸棒規格表.PNG 物性表.PNG

アクリル樹脂とは        

光線透過率はガラスを凌ぐ93%(ガラスは92%)であり、高級感のある質感からプラスチックの女王と呼ばれています。 
モノマーに重合液を加えて熱を加えたりすると重合が始まり、だんだん水飴のようにねっとりしてきて、
最後にはカチカチに固まります。これがアクリル樹脂です。
アクリル樹脂はメタクリル樹脂とも呼ばれます。
アクリル樹脂は、粒状(ペレット)にしたものを成形材料、板状にしたものをアクリル板と呼びます。

アクリル樹脂の用途

アクリル樹脂は私たちの身近なところにたくさん使用されており、水族館の透明な壁や水槽もアクリル板が使われています。その他にも、商業施設の什器やケースそして看板、その他に自動車のテールランプ、携帯電話の表示窓、液晶ディスプレイ(LCD)用バックライトの導光板などさまざまな用途があります。
また、エレベーターのボタンや案内表示などあまり気付かないようなところにも使われています。

<主な用途>

看板、ディスプレー什器、ケース、雑貨、水槽、レンズ、計器カバー、医療用関係部品、機械加工部品、

アクリル樹脂の特長

一番の特長は、透明度の高いということです。プラスチックの女王と呼ばれるほど樹脂の中でもっとも優れており、無機ガラスも凌ぎます。ま た、耐候性がとてもよく、製品になったときに太陽にあたっても黄色くなったりボロボロになったりしません。また、他の透明樹脂とくらべてキズがつきにくく、着色性や加工性もよく、破損してもガラスの ように大きく破片が飛び散ちることもありません。

アクリル樹脂の短所

非常に燃えやすい為、高温の場所では使用が限定されてしまいます。また他の樹脂よりも割れやすく一部の有機溶剤ではクラックが発生する場合もあります。

その他のプラスチックの用途を見る

汎用プラスチック エンプラ スーパーエンプラ
 ▶ 塩ビ(PVC)  ▶ MCナイロン  ▶ PPS
 ▶ ポリエチレン(PE)  ▶ POM(ジュラコン)  ▶ PEEK
 ▶ ポリプロピレン(PP)  ▶ ポリカーボネート  ▶ テフロン(PTFE)
 ▶ ABS  ▶ 超高分子量PE(UHMW)
 ▶ アクリル(PMMA)  ▶ ベークライト
 ▶ PET(ペット)透明