ポリプロピレン(PP)板/丸棒 用途

pp_natural2.jpg帯.PNG

とってもカンタン! 必要なサイズを入力するだけ!

見積り依頼する.PNG

元板規格表.PNG 丸棒規格表.PNG 物性表.PNG

ポリプロピレン樹脂とは        

ポリプロピレン (polypropylene・PP)は汎用プラスチックの一つでプロピレンを重合させた熱可塑性樹脂です。
外見はポリエチレンに似ていますが、汎用樹脂の中では一番の耐熱性があり、ポリエチレンに比べもっと硬質で引っ張りの強さがあります。

ポリプロピレン樹脂の用途

ポリプロピレンは包装材料、繊維、文具、プラスチック部品、種々の再利用可能な容器、薬品に強い為に実験器具、スピーカーコーン、
自動車部品、家電部品、日用品、その他工業用途に幅広く使用されています。

<主な用途>

自動車部品、家電部品、包装フィルム、食品容器、キャップ、トレイ、コンテナ、パレット、衣装函、繊維、医療器具、日用品、ごみ容器

ポリプロピレン樹脂の特長

ポリプロピレンは安価で耐薬品性に優れ、ポリエチレンに比べ軽くて強度に優れ、融点が高いという特徴が有ります。
またポリプロピレンにはリサイクルしやすいという特徴があり燃やしても有毒ガスを発生しないという 環境に優しい性質も持っています。

ポリプロピレン樹脂の短所

ポリプロピレンは耐候性が低いため直射日光により劣化しやすく、低温で脆くなってしまいます。
燃えると石油のにおいがし、薬品に強いために接着、印刷がしにくいものになっています。

その他のプラスチックの用途を見る

汎用プラスチック エンプラ スーパーエンプラ
 ▶ 塩ビ(PVC)  ▶ MCナイロン  ▶ PPS
 ▶ ポリエチレン(PE)  ▶ POM(ジュラコン)  ▶ PEEK
 ▶ ポリプロピレン(PP)  ▶ ポリカーボネート  ▶ テフロン(PTFE)
 ▶ ABS  ▶ 超高分子量PE(UHMW)
 ▶ アクリル(PMMA)  ▶ ベークライト
 ▶ PET(ペット)透明