ポリプロピレン(PP)加工

ポリプロピレン(PP)の加工もおまかせ!
PP加工見出し.jpg
加工の3つの特長.jpg

図面を送るだけ.jpgメールのお問合せ

2015年 ポリプロピレン(PP)加工事例

その他の加工事例を見る

汎用プラスチック エンプラ スーパーエンプラ
 ▶ 塩ビ(PVC)  ▶ MCナイロン  ▶ PPS
 ▶ ポリエチレン(PE)  ▶ POM(ジュラコン)  ▶ PEEK
 ▶ ポリプロピレン(PP)  ▶ ポリカーボネート  ▶ テフロン(PTFE)
 ▶ ABS  ▶ 超高分子量PE(UHMW)
 ▶ アクリル  ▶ ベークライト
 ▶ PET(透明)

DSCN13003.jpg DSCN13032.jpg DSCN13062.jpg DSCN13052.jpg DSCN13072.jpg

DSCN4415(3).jpg DSCN12972.jpg

機械設備 台数
マシニングセンター 17台
NC旋盤 7台
NCルーター 4台
CAD・CAM 19台
検査用 画像測定機 1台

ポリプロピレン(PP) 板・丸棒 <用途・規格・物性>

特長 最も比重(0.96)が小さい。耐薬品性が高い。機械的強度に優れる。
主な用途 自動車部品、家電部品、包装フィルム、食品容器、キャップ、トレイ、コンテナ、パレット、繊維、医療器具、日用品、ごみ容器

ポリプロピレン板 規格サイズ         

板 ナチュラル色 板厚(mm)
元板サイズ(mm) 0.5 1 1.5 2 3 4 5 6 8 10 12 15 20 25 30 35 40 45 50 60 70 80 90 100
500×1000
1000×2000

ポリエチレン丸棒 規格サイズ         

PPナチュラル色 径(mm)
長さ(mm) 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 80 90 100 110 120 130 140 150 160 180 200
1000

ポリプロピレン 物性表        

ポリプロピレン(PP) 項目 単位
物理的性質 比重 0.96
ロックウェル硬度 R85~110
機械的性質 引張降伏応力 MPa 29~38
破壊ひずみ % 200~700
引張弾性率 MPa 1100~1600
アイゾット衝撃強さ kJ/㎡ 2.9~7.8
シャルピー衝撃強さ kJ/㎡ 4.9~7.8
圧縮降伏応力 MPa 37~55
曲げ応力 MPa 41~55
テーパー式耐摩耗 mg/1000 -
熱的性質 耐熱温度(連続) 120~130
荷重たわみ温度 ℃(0.45MPa) 95~110
℃(1.8MPa) 57~65
脆化温度 0~-20
線膨張率 10^-5 K^-1 10~12
熱伝導率 W/m・K 0.17~0.19
耐燃性 可燃性
電気的性質 体積抵抗率 Ω・m >10^18
耐電圧 MV/m 20~26
誘電率 10^6Hz 2.2~2.6
化学的性質 耐酸性 4段階
耐アルカリ性 4段階
耐溶剤性 4段階
吸水率 % 0.03
光学的性質 屈折率
透明性 不透明
耐候性 クラック発生

図面を送るだけ.jpgメールのお問合せ